建労中央支部では、国の認可を受け労働保険事務組合を設立しています。労働保険とは、労働者が仕事によるケガ、病気、死亡した場合の使用者の最低補償義務を国が責任をもって行う制度です。一人でも人を使用する事業主は、必ず加入しなければなりません




<特別加入制度>

 発注者(施主等)から請負人を使用せず(但し年間100日未満の使用は可)仕事をする者を一人親方といい建設の事業であれば(第2種特別加入)労災保険に加入できます。

 

<中小事業主特別加入>

 法人、個人をとわず資本金1億円以下で常時使用労働者300人未満の事業主を中小事業主といい中小事業主は、(第1種特別加入)労災保険に加入することができます。

 

<給付内容>

・療養補償給付      治るまでの医療費等、全額が支給されます。

・休業補償給付      労働者の場合、給付基礎日額(被災前3ヶ月)の給与平均賃金

                特別加入者の場合、被災時に加入の基礎日額の給付基礎日

                額60%プラス特別支給金20%の合計80%が休業4日目以降、

                傷病で休業している期間支給されます。

・その他           障害補償年金、遺族補償年金、葬祭費などが支給されます。


<保険料>

・特別加入(事業主の保険料は、建築事業で算出しています)

事業主保険料 給付基礎日額 一人親方保険料

20,075円

5,000円  36,600円 
24,090円  6,000円  44,100円

 28,105円

 7,000円  51,000円
 32,120円  8,000円  58,500円
 36,135円  9,000円  65,400円
 40,150円  10,000円  72,600円
 48,180円  12,000円  86,400円
 56,210円  14,000円  100,200円
 64,2420円  16,000円  114,300円
 72,270円  18,000円  127,800円
 80,300円  20,000円  141,900円
 88,330円  22,000円 155,700円 
 96,360円  24,000円  169,500円
 100,375円  25,000円  176,400円
 
   

 

・事業所労災保険料(保険料は、建築事業で算出しています。)

年間請負金額       保険料
 500万円 12,350円 
1,000万円 25,300円
2,000万円 50,600円

3,000万円

75,900円

5,000万円

126,500円

*別に消費税が加算されます

 



問い合わせ先:059-(252)-2068

三重県建設労働組合 中央支部